一生入れ続けたい、全身を活性化する刺激

頭ではなく体で覚える価値

第59回呼吸養生塾。
今回のテーマは「全身を活性化する刺激と、トータルコンディショニング」です。

年始は緊急事態宣言もあり、見送る方が多かった中でも、9名の方にご参加頂きました。

呼吸養生塾が毎月準備運動としておこなっている、1時間のプログラムのトータルコンディショニング(以下TC)。

そこで実践する2つの動きのポイントを、わかりやすく解説し、身体の使い方を習得する2時間でした。

体感を伴った質問の価値

初めての方も数名おられたので、前半は丁寧にインストラクションを進め、後半はプログラムをやっていく中で浮かんだ疑問点や聞きたいこと、動きの確認を、質疑応答スタイルでおこないました。

リアルタイムに答えていく後半でしたが、用意していたポイントが言えないぐらい、たくさんの質問が飛んできたのが、嬉しい誤算です。

やはり実感を伴う体の動きに対しての質問は、浮かびやすいのだと思います。

呼吸養生塾では、どんなメソッドにも応用できる普遍的な原理を採用しています。

今回も太極拳、ヨガ、トレーナー、セラピスト、テニスプレーヤーなど、幅広い方々が参加されていましたが、体の使い方のコツは、当然全てのフィールドに、対応可能です。

「足の裏のポイントは、どこかツボを意識されていますか」
「後ろ足にうまく刺激が入らず、前足に力が入ってしまいます」
「膝がどうしても上がりません。上げるコツはありますか」
「ヨチヨチ歩きで前進する際に、肩に力が入ってしまいます」
「このプログラムを実践する、オススメの時間帯はありますか?」

これらの質問に対して、

「それではやって確かめてみましょう」と実際に触れて、アジャスト(調整)できる点が、リアルの場のよいところです。

柔軟性に勝るしなやかさ

前提として呼吸養生塾では、柔軟性を問いません。
柔軟性の片鱗もない自分が講師を勤めているので、その点、寛容だと思います。

これは呼吸・整体の教えでもあり、自分がとても救われた部分です。
今まで自分は体が硬いからできないと、思い込んでいたことが、山のようにあったからです。

体が硬いから〇〇ができないというのは、思い込みであることを、はっきりと申し上げることができます。

大事なのは、入れるべき刺激がちゃんと体に入力されることです。

「無理のない範囲で、ただし息が止まらない限界ラインまで」と伝えると、ポジション設定さえ雑にならなければ、みなさん等しく刺激が入ります。

これが一生入れ続けたい、全身を活性化する、一歩前に踏み出せる覚醒の刺激です。

加えて今回は、質問に応じたポイントをシェアできたので、膝が上がらない方は上がるように、肩がいかる方は、いからないようになりました。

できるできないは、重要ではないと言いつつも、やっぱりできると嬉しいものです。

筋力に勝る力の方向性

ここで大事なことは、できない動きの要因は、大半が筋力の問題ではないということです。

この点も、多くの方の救いになると、日々呼吸レッスンをシェアする中で実感しています。

筋力ではなく、力の方向性やポジションを丁寧に確認すること。
これだけで、自分が今現在持っている力を、最大限引き出せるんです。

そうすれば、少なくとも日常を過ごす上で、無理なく、気持ちよく、伸びやかに体が動かせます。

自分の可能性を感じられた、気付けたときに、フッと垣間見えるクライアントさんの表情が、僕のやりがいです。

ここにしかない体験価値のシェア

次回のテーマは「自分を心地よくする深呼吸と、トータルコンディショニング」です。

トータルコンディショニングで深い呼吸ができる身体を手に入れた後、自分だけの、自分にしかない、深呼吸を体感していきます

深呼吸が気持ちよくできると、自分で自分の心身を、心地よい状態にもっていけます。
そして動き出す構え、準備が整います。

来月も一緒に堪能し尽くしましょう。

2021.2月20日(土)
時間:14:30〜16:30
費用:6,000円(税込)
ピピアめふ 6階 和風ホール
https://takarazuka-koueki.com/pipia/

【定員】
15名

【費用】
6,000円(税込)

【申込方法】
LINEもしくは電話にて、直接参加希望を連絡。
https://lin.ee/8uz1Icp

0797−75−3925

【持ち物】
ヨガマット(なければバスタオル)、飲み物、動きやすい服装(着替えスペースあり)

【駐車場について】
ピピアめふには、広い駐車場がございます。
施設利用で1時間、下のコープさんで1,000円以上お買い上げで、さらに90分無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA