動きの質が変わると、筆圧も変わる

昨日個人セッションで陰性刺激講座を受けたクライアントさんに、書いてもらったアンパンマン。

頭も身体もしっちゃかめっちゃかになっていた状態から、解放された結果です。

実は調整法が終わった後「名前を書いてもらえますか?」とお伝えしたのですが、アンパンマンを書かれたので笑ってしまいました。

まぁるい絵を描きたくなるぐらい、力が抜けていたんですね。

「筆圧が全然違う!いつもはこれでもかというぐらい力強くペンを押し付けて書いてしまうのに」とも仰ってました。

どれだけ心身が暴走していても、本来の在るべき姿に戻れる。
そんな調整法が「陰性刺激」です。

興味がある方は、LINEにてお気軽にご連絡くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA