第8-10回呼吸養生塾(お尻編)

テーマ「お尻編」

内容は「つま先重心からの脱却、お尻を使う感覚を養う」です。

お尻が使えると、頭はさえて胃は軽くなる。産前産後が楽に過ごせる。
こんなことって知っていました?

でもお尻を使えていない人ってとても多いんです。
なぜでしょう。

答えの一つに「偏ったつま先重心」があります

①お尻は使えないことで、硬くなる
②つま先重心の弊害
③ピンピン腰と胸張り癖の完成
④つま先重心ではお尻が使えない

こんな感じでまずはお尻が使えなくなる流れを体感頂きます。

ではどうすれば使えるようになるのか。
「踵を使う感覚を養うことで、お尻は動き出します」

①踵に力を伝える
②お尻は身体と心、胃腸を安定させる

この体験を重ねる身体づくりを、動きに呼吸を委ねながらおこなうのが、「お尻編」の内容です。

お尻が使えるようになることで、享受できる恩恵は計り知れませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA