年内最後のセッションでした

本日年内最後のセッションは、親子でのご参加。

「頭の情報量と身体の情報量、どちらが多いと思いますか?」

お2人共が「頭」と即答する、現状身体が置いてけぼりの心身状態でした。
当塾ではご自分の深呼吸を、最初と最後に相互確認してもらいます。

自然呼吸のインストラクション後は、娘さんがはっきり指摘できる程、お母さんの胸は動かず肚にスッと落ちた深呼吸をされていました。

「胸を張る」ではなく「拡がった」という表現をされていたのが印象的です。

大学生の娘さん。
身体は動くものの、気持ちよく息を吸えて吐けた感覚が実感できた様子。

椅子に座ったときまだ踵が上がっていたことに、運動部で現役バリバリの大学生の力強さを感じました。

娘さんは帰省中の参加だったので継続しての学びは難しいですが、今後呼吸という視点を身につけていくことで、大きな伸び代を持ってもらえた回だったのではないでしょうか。

改めて本年呼吸養生塾にご参加いただいた方、いつも投稿を見てくださる方々に御礼を申し上げます。

来年も歩みを止めず、自己の内面と呼吸を通して向き合っていきます。
引き続き沢山のご縁が繋がりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA