日常に気付きと課題は得られていますか?

第29回呼吸養生塾を開催しました。

子育て親御さま限定の第4回。
テーマは「横隔膜編」

呼吸養生塾では、1ヶ月を過ごして日常のなかでの気付きをそれとなしにお聞きしてます。
前回のお尻編からどんな気付きがあったのでしょうか。

クライアントさんからの言葉をそのまま挙げてみます。

・「疲れたから今日は寝るね〜」と子供に言ったときに、「お母さん変わったね」と笑顔で言われた。子供も良い意味で、言動や行動が変わってきている気がする。

・根強くあった立っているときにお腹に力を入れる癖が、先週までなくなっていた。
また出てきたが、無意識の癖に早めに気付けるようになっている。問題は気付いても抜き方が分からない。

・今まで立位、歩行時にどれだけ膝を無理に伸ばし続けていたかに気付けるようになった。
結果、長時間歩いても疲れにくくなっている。

・立ってやる調整法は家事の合間にしやすいが、座ってやる調整法が意外にできない。

・肩が痛い、身体が辛いと感じてからでないと、調整法をおこなう時間を確保できない。
分かってはいるが、まだまだセルフケア思考が抜けない。

それぞれに気付きがあり、課題がみえてくる。
自分と向き合う、自分を知る、身体と対話するって、こういうことだと思います。

「変わりたい」「変えたい」
でも
「変われない」「できない」

こんな方々に私ができることは、呼吸養生塾という場を常に居心地の良い環境で整えておく。

変わるきっかけが得られる場として在り続けることしかできないんだなと最近は思えるようになりました。

私自身がもっと「待てる心身」を養っていかないとですね。
今はご縁がある方々と気長に関わっていきたい心持ちです。

その際はどうぞよろしくお願い致します。

今回の横隔膜編では、横隔膜・丹田という2つの浮き輪がお身体に在ることを体感してもらえました。

横隔膜の効用

またお身体の使い方がこの1ヶ月で変わるのではないでしょうか。
次回お聞きするのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA