呼吸と歯並びの関係

本日親子で初参加してくださったクライアントさん。

「呼吸が大切というフレーズが最近よく聞かれますが、なぜ今回当塾のセッションを受けてみようと思ったのですか?」

この問いに対して興味深いお話を聞けたのでシェアしておきます。

「口呼吸になると歯並びが悪くなることを知って、呼吸に興味を持つようになりました」

娘さんは歯科衛生士のご職業で、歯と呼吸の関係に着目し勉強された時期があったとのこと。

そこで日常の息遣いが口呼吸だと歯並びが悪くなりやすいというデータがあることを知ったそうです。

面白いですよね。
鼻呼吸ができない大きな要因は首〜背中の緊張癖にあると考えます。

背中に息が入る感覚を養っていければ、身体から良い反応が返ってきそうです。

お二人とも背中のピンピン癖がしっかりついていたので、背筋を伸ばすことで息が止まっちゃう体験を通じて、背筋を無理に伸ばさなくても良い選択肢を得れたようです。

次回からは身体との結びつきを実感してもらえる内容に入っていきます。

楽な身体を体感してもらえたので、前のめりに親子での継続を希望してもらえました。2回目以降も愉しく参加してもらえるよう、準備していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA