講師プロフィール

紅露 啓太郎(こうろ けいたろう)

理念

身体との対話を通してお一人お一人が固定観念に捉われず、
人生を愉しく生きられる社会の一助になりたい

経歴

鍼灸師。
兵庫県伊丹市出身。
学生時代サッカー漬けの日々を過ごす。
高校卒業と同時に、行岡鍼灸専門学校(はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科)に入学。
在学中から西洋医学に長けた鍼灸接骨院で、スポーツ選手への施術に明け暮れる。
その後東洋医学に長けた鍼灸院(2ヶ所)で修行・勤務を経て、免許取得後6年が経過した平成27年7月、宝塚にて紅露養生院を開院。
翌年東京で開催されるセミナーで、
整動鍼という技術にのめり込む。
同時にマッサージの施術を廃止し、はり専門の鍼灸院として現在は頭痛、突発性難聴・耳鳴り、胃腸症状でお悩みの患者さんに多数来院頂いている。
平成29年に
呼吸・整体勉強会を知り、「長年自分が求めていたものだ」と直感が働き、何の迷いもなしに2年単位のスクールに入学。
平成30年6月から呼吸養生塾を開催。平成31年3月末現在で、開催は早30回を超えている。
今では全ての物事に対して、呼吸というフィルターを通した視点で観察するようになった呼吸狂人である。
呼吸・整体の師から頂いた肩書きは
「やたらと腰が低い男」・・である。

資格

はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧師(国家資格)

趣味

「呼吸を通して自分と向き合い続けること、はりの技術探求は生涯かけて深掘りし続ける。
その他への興味はどこまでも広く、程々に浅くがモットー。
どんな好奇心にも蓋をせず行動できる自分で在りたい。」

旅行
知らない土地・料理・文化への好奇心

ライブ・美術館鑑賞
世の中の突き抜けた人が創る場を肌で感じられるから

子育て
子供の一挙手一投足が学びであり、愛おしくもある