不眠症

あなたはこんな不眠症状で悩んでいませんか?

  • 身体は疲れているのに、夜眠れない
  • お酒を飲まないと眠れない
  • 寝ようとすると考えごとをしてしまい、寝つけない
  • 布団に横になると息苦しく、うまく入眠ができない
  • 夜中何度も目が覚めてしまい、その都度寝付くのに時間がかかる
  • 後1時間長く寝ていたいのに、早く起きてしまい熟睡感がない
  • 2〜3時間しか眠れないので、日中もずっと体がだるい
  • 普段の呼吸が浅いと感じている

これから先ご自分がどうなっていくのか、どうしたら良いのか不安ですよね。
ですが、もう大丈夫です。

今この瞬間から不眠症状によって、日常に支障をきたしていることの解決に向けて当塾ができること、あなたが取り組めること、どんな風にお身体が変化していくことでこの不安から解放されていくのかを、具体的に共有していきます。

一緒に改善を目指していくためにも、まずはあなたが苦しんでいる不眠症について理解しておく必要があります。

不眠症とはどういう症状なのか

自律神経失調症状の一つである不眠症。
日本人の約4割もの人が1度は経験済みという統計が出ています。

  1. 寝付けない(入眠困難)
  2. 睡眠を維持できない(中途覚醒)
  3. 思っていたよりも早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)
  4. 慢性的に回復感のない、質の良くない睡眠が続く(熱眠障害)

これらのどれかもしくは、複合した症状を週3回経験するようになり、それが1ヶ月以上続く場合、不眠症の可能性があるといわれます。

一般的な原因は体調不良、環境、ストレス、うつ病、アルコールや薬などの依存が挙げられますが、

不眠症状は、実は誰も知られていない呼吸で対応できます。

夜眠れない症状で悩んでいる方は、呼吸が浅いことを自覚されています。
ですが、それが原因だとは気付いていない。

体にいいことをすれば、呼吸は深くなる。呼吸が深くなれば、体は楽になる。
当たり前過ぎて、気付けない呼吸という存在に光を当てることで、解決策は見えてきます。

病院での一般的な対処法

不眠症で総合病院や心療内科に行くと一般的な対処法として、

  • 薬物療法(GABA受容体作動薬、メラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬)
  • 生活習慣の改善

などが挙げられます。

大半は薬物治療を継続しながら、生活習慣の改善を試みる形が取られています。

ですが不眠症を発症した患者さんで、早期に病院を受診し適切な治療を受けたとしても、不眠症状が改善しないケースがあります。

どうして、あなたの不眠症は改善しないのでしょうか。

なぜなら身体動作と呼吸の質に、改善の余地があるからです

「特に体本来のリズムの崩れが影響しています」

当塾では「不眠症」という症状を追いかけていくことよりも、体をみることが、結果的に不眠症状の改善に繋がると考えています。

そのなかでも、クライアントさんの身体動作(動き)と呼吸の質をみるようにしています。

夜ぐっすり眠れない要因を2点に絞ってみました。

  1. 日常の呼吸のエラー

    →人間は、意識して呼吸をしていません。というよりできません。
    そのため普段、何気なく日常の中でおこなっている呼吸にエラーが起きているとしても、気付くことすらできません。
    普段の呼吸にエラーが起きている状態では、質の良い睡眠は取りづらい。
    これが一つ目の大きな要因です。

  2. 夜寝ているときの、寝返りの質の低下

→人間は動く生き物です。
座っていても、寝ていても体は常に動いています。
動くということは、体の
リズムを取るということでもあります。
夜寝ているときに寝返りが少ないということは、それだけご自分で自分の体を抑圧している。
結果として、体が常に力むという状態が固定化されています。
体が抑圧され続けた状態では、質の良い睡眠は取りづらい。
これが夜ぐっすり眠れないもう一つの大きな要因です。

このように本来一番目を向けるべき、身体動作や呼吸の質を無視してしまっていることが、一般的な治療法だけでは対応できないケースがある理由だと考えます。

ではなぜ当塾では、不眠症状に対応することができるのか?

「体本来の自然なリズムを取り戻す術を、身に付けてもらえるから」

当塾では体の構造・性質の分析を、身体動作と呼吸という視点からおこなっていきます。
人間が生きるうえで欠かせない要素が、動きと呼吸です。

動きと、呼吸は切っても切り離せない関係です。

呼吸と睡眠の関係は普遍的ですので、呼吸の質が変われば、睡眠の質も変わることは必然です。

当塾では日常の中でおこなっている呼吸のエラーに、まずは気付いてもらう。
そして自然な息遣いを何度も体験してもらい、自然な息遣いで動ける心地良さを存分に体感してもらう。
人として生きる上で当たり前の自然な息遣いを取り戻して、忘れないように自己完結できる調整法を修得してもらう。

この気付き、体感、修得を1つのセッションに組み込んでいることが、他にはない呼吸養生塾の特徴です。

同時に抑圧された体を解放するために必要な、横隔膜とお腹の調整を、再現性の高い自己実践法としてシェアできることも、毎日夜眠れない不安な状態で過ごすあなたにとって大きな利益となります。

これは「体を診る」プロの鍼灸師だからこそお伝えできる内容であり、あなたの大きな安心感となるはずです。

呼吸の質の向上、体の抑圧からの解放。
この両輪から、良質な睡眠に不可欠な「深くリラックスする」という疑似体験を通して、忘れてしまったリラクゼーション感覚を取り戻してもらうことが、当塾の不眠症に対するアプローチとなります。

繰り返しになりますが、当塾でおこなう調整法は全て自己完結できる内容ですので、ご自分で身に付け、繰り返しおこなってもらえます。

1回習っただけでは体現できない世界でもなく、1回でできるようになります。
2回習えば、自己実践の再現性が増し、また違う視点でわかります。
習えば習うほどに、わかる、が増えていくだけです。

これらが当塾で、不眠症に自信を持って対応できる理由です。

施術料金のご案内

ここまで読んでくださりありがとうございます。

御礼の意味を込めまして、特典をご用意致しました。
(初見料をネット・LINE・電話予約問わず、共に1,000円引き)

IMG_4577

当塾が選ばれている5つの理由

1再現性の高さ



当塾には色々な調整法がありますが、全てのポイント、コツがテクニカルに解説可能です。
技術的に説明できることがベースにありますので、再現性が高い。
「呼吸養生塾に行かないとできない」「コーチに主導されないとできない」訳でもなく、全て自分のものにできることが特徴です。

2万物共通している普遍的な原理を採用



呼吸という誰もが日常ですでにおこなっている機能を引き出す、拝借するメソッドのため、時代が変わろうとも普遍的です。
又、普遍的な原理を採用しているので世の中にある、あらゆるメソッド、社会での様々な場面に活かせることも大きな特徴です。

3心身が調和するまでの圧倒的な時間と深さの違い




瞑想や呼吸法、ヨガやピラティスには様々な流派がありますが、心身調和・瞑想状態を体験できるまでの時間と深さに圧倒的な違いがあります。
理由は考えること、お身体に任せることの両側を、思想的・感覚的ではなく技術的に体験してもらえるから。
その結果は是非体験しに来てください。

4日常に活かせる心身の素養づくり



当塾の調整法は全て、日常の所作・行為とリンクした動きばかりです。
呼吸(動き)の質の向上によってその場から心身が変わり、日常にもその身体感覚を持ち帰ってもらえる。
特に睡眠の質は、格段に変わるでしょう。
お身体と対話するのに、特別感はいらない理由がここにあります。

5自分仕様の呼吸・動きの習得ができる



他人に言われた姿勢、動き方ではなく、自分仕様の呼吸、姿勢、動きを習得してもらえます。
あなたのお身体を主導するのは、あなた自身です。
お一人お一人の利益を最優先に考えた環境で、体験をしてもらえることが特徴です。

施術料金のご案内

ここまで読んでくださりありがとうございます。
御礼の意味を込めまして、特典をご用意致しました。
(初見料をネット・LINE・電話予約問わず、共に1,000円引き)

IMG_4577

不眠症に苦しむあなたへ

“「私、楽になれるんだ」と期待を抱ける”
一歩先のあなたの未来を明るく照らします

最後まで読み進めてくださり、ありがとうございます。
講師の紅露 啓太郎(こうろ けいたろう)と申します。

熟睡感が得られず、何をするにも体がだるい状態で過ごす毎日。お辛いですよね。
どうしたら良いか分からない。今後の先行きがとても不安ではないでしょうか。

当塾ではあらゆる引き出しを使ってまずは「楽になった」「変化した」実感を得てもらえる場作りにコミットしています。

一歩でも前進できれば人は前向きになれます。
「私、楽になれるんだ」と期待を抱ける。

先の見えない不安が、希望に変わるきっかけを当塾で得てもらいたい。
そんな想いで日々クライアントさんと関わっています。

あなたの不眠症状が良くなっていくために一番大切なことは、「現状のご自分のお身体がどうなっているのか」を、あなた自身が把握していくことです。

過去に捉われず、後悔に苛まれることなく、今を生きて、今できることに淡々と取り組んでいく。

そのために毎回、体とこころの両側面から、あなたのわかる、が深まる内容をシェアしていきます。

それに対して今必要なこと、今日から取り組んでいったらいいこと。
取り組んだことで、お身体がどう変わっていくかの具体的なビジョン。

一歩先の、遠くないあなたの未来を照らし続けます。

体の構造・性質の分析を身体動作と呼吸という視点からおこない、生活習慣までをサポートできる体制を整えているのはそのためです。

治療を受けていても手に入らない、ご自分でご自分の体をケアしていける引き出しが増えていきます。

その引き出しが増え、深まっていくことはあなたの自信となり、一生の財産となります。

「あの辛い症状を経験したからこそ、今の自分がある。」
近い将来こう言ってもらえるよう、症状や病気だけでなく、あなたに全力でコミットすることをお約束致します。

紅露養生院 院長 紅露 啓太郎